車下取り一括査定で高く売る方法

車下取り一括査定

愛車の売却-下取りと買取は違うの?

車の買取とは

買取りとは、中古車買取業者に自分の車を買取ってもらうことです。

最近増えてきている「車一括査定」も買取の一種と言えるでしょう。
車一括査定では、査定を依頼しても買取が決定したわけではないので、査定金額を依頼後に時間を取ってじっくりと検討することができます。

実際、この車一括査定サイトを使って車買取を行っている方の数は増えてきており、あるサイトでの査定申し込みは毎月ほぼ300件を超えています。
もちろんこのデータは総数になるので、細い車種や年式などの情報は分かりませんが、少なくともこうした一括査定という方法がかなり一般的になっているということが分かります。

では買取のメリットはなんでしょうか?

一括査定による買取のメリット

車一括査定による最大のメリットは買取金額が比較的高いという事です。

一括査定という言葉からも分かるように、このシステムで査定をしてもらうと複数の業社が同時に中古車買取のために査定をするようになるため、そこに競争が生まれるようになります。

価格というものは競争があれば常に変化するもので、逆に一社独占ということになると価格は業社の言い値になってしまいます。

この面で車一括査定サイトでは10社ほどの業社が同時に1台の車の査定を行うことになりますので、自然と買取価格が上がることになります。

また買取業者は独自の販売網も持っており、時には買取る車をすぐに販売することもできます。
例えば大手の買取業者であれば九州の店舗でAという車を探している人がいるという情報を持っているかもしれません。

東京でAという車を売りたいという人を見つけた場合、その車をすぐに買取って九州まで運べばすぐに再販ができるということになるので、良い状態の車であれば当然買取金額を上げてでも買い取ろうとすることになります。

このように買取業社ならではの販売経路もあるため、買取りしてもらうことで金額が高くなるというケースもあります。

では下取りとはなんでしょうか? 買取りとの違いとはなんでしょうか?

車の下取りとはどのようなもの?

車の下取りとは基本的に新車の購入をする時に、それまで乗っていた車を販売店つまりディーラーに引き取ってもらうという方法です。

例えば、新車購入の価格は300万円だったものの、車を下取りに出したので購入金額が230万円になったというものです。

内訳を説明すると新車の価格は300万円ですので、通常であれば300万円の支払いで車を購入することができます。

しかし現在乗っている車を70万円で下取りしてもらうことで、新車の価格を70万円下げてもらい結果として新車を230万円で購入することができるという事です。

では下取りにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

下取りのメリット

下取りのメリットの中で最大のものは、車の乗り換えが非常にスムーズになるということです。

例えば、車を売却する場所と購入する場所が異なる場合を考えてみることができます。
車を1台しか持ってない場合には、車の買い替え時の乗り換えには注意が必要になります。

乗り換えのタイミングが合わないと、車のない時間ができてしまいかなり不便な事になってしまうからです 仮に3月1日に新車が納車される予定だったとしましょう。

そのため3月1日に車を売却する予定にし、新車との乗り換えを計画します。

しかし新車の納車がなんらかの影響で遅くなり1週間後になってしまったとします。
納車のタイミングが遅くなったものの、車の売却のタイミングをずらすことができず3月1日に売却をすることになります。

結果として3月1日から納車までの1週間の間、車の無い期間ができてしまいます。

もちろん車の売却のタイミングを調整してもらうこともできますが、それでも新車との乗り換えは買取業者には関係のないことなので買取り料金が変更になったり、時期の変更に応じてくれないというケースもあります。

しかしディーラーでの下取りということであれば、納車の時期の変更などについても全く問題ありません。 納車の変更の原因はディーラーになるので、逆に迷惑をかけてしまったということで謝罪をしてもらえたり、さらにサービスを受けられることもあります。

下取りのメリット-その2

下取りの場合、買取り金額が0円になってしまうような車の場合でも値段が付く場合があります。

特に買取キャンペーンなどをディーラーが実施している場合には、どんな車でも最低○万円以上で買取ってくれるという場合もありますので、古い車に乗っている場合にはこうしたキャンペーンがあるかどうかも確認することができます。

但し基本的にはディーラーの下取りよりも車買取り業社による買取のほうが査定金額が高くなる傾向があるので、きちんと確認しておきましょう。

あくまでディーラーがメインで行っている業務は販売であって買取ではありません。
そのためキャンペーンなどを行なっていない場合には、ディーラーの下取り金額が買取業者の買取金額を上回ることはほとんどないので、車一括査定などを行っていないと大きく損をしてしまう可能性もあり注意が必要です。