車下取り一括査定で高く売る方法

車下取り一括査定

車一括査定を利用する時に必要になる書類

車一括査定利用時に用意する書類

車の査定を行う時には、車に関する書類が2通必要になります。
実際に売却する時には、さらに必要になる書類がありますが、車一括査定という段階であれば「車検証」「自賠責保険証」の2点を準備しておけば査定を行なってもらうことができます。

「車検証」とはどのような書類でしょうか? 簡単に説明すると車検証とは、車がきちんと整備されており公道を走ることができることを法的に証明するための書類ということです。

新車で車を購入した場合3年後に車検を受ける必要があり、その後は2年に1回の車検があります。
この車検に通ると車検証が交付されますので、車一括査定の時にはこの書類をまず用意する必要があります。

基本的にこの書類は出したり入れたりするものではないので、車のダッシュボードに入っているはずです。

仮に無いのであれば陸運局の運輸支局でもう一度発行してもらうことができますので、すぐに陸運に行くようにしましょう。

ちなみに車検証を車に入れておかないと道路運送車両法第109条第66条第1項に違反することになり、50万円以下の罰金の可能性があります。

もう1通の必要書類は「自賠責保険証」です。

これは自動車損害賠償保障法で加入が義務化されている強制保険です。

仮に車に乗っていて事故を犯した場合、自賠責保険は被害者を救済するための保障になります。
もし自賠責保険に加入していない状態で車を運転している場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、証明書不携帯は30万円以下の罰金と定められています。

よって自賠責保険証は車検証と同じように基本的には車のダッシュボードに入っているはずなので、車一括査定を行う場合は早めに準備をしておきましょう。

もし自賠責保険証が無いということであれば、早目に保険会社へ連絡をして再発行をしてもらう必要があります。

車一括査定の際に入力する情報

自賠責保険証と車検証を準備したら、車一括査定を始めることができます。

車一括査定は基本的にインターネットで行うもので、必要な情報を正確に入力していくことで査定を行うことができます。

逆にいうなら入力する情報が正しくない場合は査定金額も正しくなりませんので、入力する時には車検証や自賠責保険証の情報を正確に入力しましょう。

車一括査定をするには次のような情報を入力します。
「車種」「車のナンバー」「車の所有者の名前」「車の型式」「初年度登録日」「走行距離」「車検日」などの情報を入力する必要があります。

こうした情報に基づいて、査定金額が出てくることになります。
初年度登録や車の型式などの情報は普段あまり意識しないかもしれませんが、車検証にきちんと記載されていますので、確認して入力しましょう。

査定金額に納得できた場合は売却へ

車一括査定を利用して複数の業者からの査定結果を確認した後、満足できる査定結果があった場合には次の段階に進みます。

良い査定結果を出した業社との直接の取引が始まりますが、現車確認を行い詳細な査定結果を待ちます。 この結果にも納得できた場合には実際に売却を行うことになりますが、その際に必要になる書類とはどのようなものでしょうか?

まずは査定時にも利用した「車検証」「自賠責保険証」の2点が必ず必要です。
この2点に加えて普通車の場合は「振込口座」「自動車リサイクル券」「実印」「自動車納税証明書」「印鑑証明書」の6点が必要です。

軽自動車の場合には、2点に加えて「認印」「軽自動車納税証明書」「振込口座」「自動車リサイクル券」が必要になります。 この中の「自動車リサイクル券」ですが、仮にこの券がない場合には、再発行をしてもらうことはできません。

しかし自動車リサイクルシステムというところで預託状況の確認をすることができ、この預託状況の確認書類をリサイクル券の代わりにすることができます。

さて車検証と印鑑証明書の住所が違っている場合には、これまでの住所の変更が確認できるような住民票が必要になります。 さらに結婚などによって氏名が変わっている場合には、やはり変更を確認するための戸籍謄本も必要になります。

登録情報が変わっている場合には早めに変更を

車検証などの情報は変わっていても、あまり意識をする方がいないので変更をしないという方が多くいます。

しかし車を売却する時になって初めて住所が違うということに気づくと、そこから住所変更などをするのは非常に手間になってしまいます。

せっかく良いタイミングでの車の売却ができたにも関わらず書類の不備によって交渉が滞ってしまうのはもったいない事です。

車検証の情報が変わった場合には「陸運局」、保険証券の内容が変わった場合は「保険会社」に連絡をして登録してある情報を変更しておくようにしましょう。
なかには住所が複数変わっているにも関わらず、住所が1番最初のままという方もいらっしゃいます。 これでは登録情報の変更の際にかなり面倒になってしまいますので、少しの変更であっても早目に情報の変更をしておくことは大切です。